FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前評判の高い本

最近読んだ本で「いけちゃんとぼく」と、いう本がある。
いや、正確には絵本で、漫画家の西原理恵子さんが書いた本です。


”絶対に泣ける本”というようなふれこみで、
半年くらい前にネットで話題になったようです。
私は半年前のポッドキャストを最近聞いて購入してみました。
なるほど、大人の為の絵本です。


前評判で”絶対に泣ける”と、
いわれると期待値が高まって逆にがっかりすることが良くありますね、特に映画なんかで。
ハードルを高くしすぎないほうがいいでしょう。


それでもあえてお伝えする私の読後感は”やっぱり泣ける”です。
内容は触れないほうがよいでしょう。
ネタバレにならない程度でお話しすると、
お読みになる前に基礎知識として知っておいたほうがいいことがひとつ。
作者の西原理恵子さんはご主人(戦場カメラマンでフリーライター)と死別されたそうです。
恐らく、その悲しみを乗り越えて描かれたものだと思います。

西原さん公式ホームページ


「ブログランキングに参加しています、クリックお願いします」





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。